制作の流れ

B.B Enterprise のWebサイト制作は、お客様のご要望に応えるために、
各工程ごとに情報共有と意見交換をはかりながら進めていきます。
お客様の伝えたいメッセージをユーザーにしっかりと届けられるよう努めてまいります。

Webサイト制作の工程と制作の流れはおおよそ下記のようになります。

STEP 1
お客様からのお問い合わせ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

当社の Webサイト制作・Webコンテンツ制作 のページをご覧いただき、もし興味をもっていただけましたら大変嬉しく思います。

Webサイト制作のご依頼・ご相談は、お問い合せフォーム からご連絡ください。担当より折り返しご連絡させていただきます。

メール、またはお電話でおおよその内容をお聞きした上で、詳しい打ち合わせ(ヒアリング)をする日時を決めさせていただきます。
※遠方の場合は、メール、もしくはお電話やSkypeなどでの打ち合わせと、文書・参考資料の郵便でのやり取りでも可能です。

お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

STEP 2
お客様からヒアリング

お客様のご要望をお聞きし、サイトのコンセプトを決めます。

まず、お客様のビジネスのターゲットとなるユーザー、Webサイトやビジネスでどのようなゴールを目指しているか、いま何が問題になっているのか、などをお伺いします。

簡単に言えば、ホームページを作って公開する「目的」です。
「このようなお客さんを増やしたい」といったぼんやりしたイメージでも大丈夫です。
この目標とする「ターゲット」と「ゴール」が、「誰にどういう情報を見てもらいたいのか」という、Webサイトの内容やデザインの指針となります。

お客様からヒアリングした内容を整理しながら、その場でおおよそのWebサイトのイメージや大体の金額などをご説明させていただきます。
その後、お客様のご意向やWebサイトの方向性などを確認しながら、企画書(お見積書)を作成し、意識の共有をはかっていきます。

STEP 3
情報収集・分析・企画・立案

ヒアリングした内容と制作イメージを元に、状況を客観的な目線で分析します。

特に、お客様の「強み」、ユーザーにお客様のお店や商品を選んでもらうために、競合他社より優れているポイントを見つけることが大事です。それが同時にWebサイトの「魅力」ともなります。

そのために、企業や商品の情報、業績や競合などを詳しく分析し、お客様のお店や商品の優位性やクリアしなければならない課題点を明確化しておさらいしていきます。

このように情報収集と分析した内容を元に企画書(お見積書)を作っていきます。

STEP 4
設計・デザイン

これまでヒアリングした内容と企画書を元に、Webサイトのデザインとレイアウトを作っていきます。

特に、ホームページを作って公開する「目的」が、設計とデザインの元、コンセプトになります。
例えば……

  • お店やブランドの名前を覚えてもらいたい
  • 企業の○○なイメージを伝えたい
  • 商品・製品のウリの部分を丁寧に説明したい
  • 商品・製品を体験してほしい
  • お買い得な商品を扱ってることを伝えたい

このように目的を明確にして、優先順位をつけ、それに沿ったデザインを設計していきます。

それから、必要な情報・コンテンツのグルーピング、表示項目や導線、ユーザビリティ(ユーザーさんの使いやすさ)に沿ったサイト構造、など、「Webサイト」を通した情報伝達に必要なものを設計していきます。
同時に、このあたりから各コンテンツに必要なテキストや写真などをお客様に用意していっていただきます。

その後、できあがったデザイン・設計をお客様に見てもらい、現段階でサイトのコンセプトに沿っているか、意識のずれはないか、確認していただきます。
→ STEP 2 – お客様からヒアリング

デザイン・設計が決定したら、制作に入っていきます。

STEP 5
制作・開発・校正

上で作ったデザインとレイアウトと原稿を元に、実際のWebページの制作(コーディング)、システム開発(プログラミング)を行っていきます。

実際に訪れるユーザーの視点でWebサイトを閲覧し、デザインやユーザーインターフェースなど、コンテンツとユーザビリティの改善を行っていきます。
また、SEO をはじめ、表現を強化する演出や、各再生デバイスでの確認も行っていきます。

システム開発においても、仕様・設計通りの入出力を用意することはもちろん、利用するお客様・担当者様が使いやすいように常に考えながら制作をしていきます。

ある程度制作・開発の目途がついた段階で、テストとして実際のWebページを順次お客様に開示し、文章や写真・イメージの校正などを行っていきます。

STEP 6
公開・運用・保守

準備が整ったら、いよいよWebサイトを公開します。

公開前の準備としては、本番サイト・ドメインへ移行、検索エンジンへの対処、動作チェックなどを行います。
その後、最終的な確認と公開後の運用や保守の流れなどを説明させていただきます。

Webサイト制作では、初公開(初期構築)がひと段落してしまうと、結構そのままサイトが放置されがちです。
しかし、その後の「運用」の工程にこそ、「Webサイト」の成果、営業・プロモーション戦略としての成功がかかっていいます。
逆に言えば、成功してないWebサイトの原因は「運用の仕方」にあるといっても過言ではありません。

いわゆる「PDCAサイクル」のように、継続的にWebサイトの更新・運用を行いながら、その効果を評価し、課題を発見して改善し、結果のでるWebサイトに育てていくことが必要です。
そういった評価と改善計画の面でも、私たちがお客様のサポートを続けていくことができれば幸いです。